診察に関するお願い
 

診察を受けるときのお願い

2011年05月09日(月)

連れて来る人: お子様の様子を一番よく知っている人が一緒に来てください。

         誰かに頼む時は、症状や経過を書いたメモを渡すなどして

         できるだけ詳しい様子がわかるようにしてください。

☆情報が少なかったり、あいまいだと、診断が正確にできないことがあります。

持ってくるもの:保険証・診察券・福祉医療費受給資格者証(対象者のみ)

乳児のお子さんは、母子手帳も。

          熱のあるお子さんは熱型グラフかメモを忘れずに。

          便がおかしい時は、その便も見せてください(オムツごとでOK)

          他の病院でもらったお薬の名前(お薬手帳)

待合室:診察前に食べ物や飲み物はひかえてください。

       (お口の中がよく見えないし、ガム等は誤飲の原因になります)

        おしっこがしたくなったら看護師に声をかけてください、

尿検査がある場合があります。

吐いたり・ゼイゼイ苦しかったり、ぐったりしている等の時は

早く診察をしたほうがいい場合もありますので申し出てください。

診察しやすい服装でおいで下さい。呼ばれたらボタンをはずすなどして

すぐに診察できるように準備してください。

診察で教えてほしいこと(問診票に記入して下さい)

     1番気になる症状は何ですか?それはいつからですか?

     ほかにはどんな症状がありますか。

     薬のアレルギーや今までにかかった大きな病気があれば

     教えてください。

     友達や家族に同じ症状の人はいませんか。