病気メモ
 

ヒトメタニュウモウィルス(hMPV)とは

2013年04月23日(火)

<特徴と症状>

    ・RSウィルス感染症と症状がよく似ています。

    ・1~4才児でかかることが多く、5才までにほとんどの子が

     感染します。

    ・家族内、保育園などでの集団感染をひきおこします。

    ・発熱(4~5日)咳、鼻水などの症状がみられます。

    ・気管支炎、肺炎をおこすことがあります。まれに、重症化

     し、熱性けいれん、肺炎などの症例もあります。

<流行時期>

     3~6月と言われていますが、地域や年度により様々です。

<感染経路>

     飛沫感染、接触感染

     潜伏機関4~6日。1~2週間は感染の可能性が

     あります。感染対策として、手洗い、うがい、マスク

     が重要です。

<登園・登校>

     出席停止疾患ではないので、症状が落ち着いて

     いれば、医師の指示により登園、登校いて

     構いません。