病気メモ
 

ヘルパンギーナ

2012年07月04日(水)

乳幼児の間で流行する夏カゼの一種で

38℃~40℃の高熱が2~3日続きます。

のどの奥に小さな水ぶくれができて痛いので、

食べにくく、ひどい時は水分も飲みにくくなります。

解熱剤を使っても熱が下がらないことが多いです。

【家庭で気をつけること】

食べ物:口の中が痛いので、のどごしがいい冷たいものがいいでしょう。

     食べられるようなら特に制限はありません。

水分:しっかり水分補給をしましょう。

    (すっぱいもの<オレンジジュースなど>は、しみるので、

    避けたほうがよいです)

入浴:熱がなく、元気なら入ってもかまいません。

【こんな時はもう一度受診】

・     口の痛みがひどくて水分をとれない

・     3日以上高熱が続く

・     元気なく、ぐったりしている

【登園・登校】

熱が下がって口の痛みがなくなるまで4~5日は休ませましょう。