病気メモ
 

手足口病が流行しています

2011年07月21日(木)

手足口病とは・・・・

手のひら、足のうら、口の中に小さな水疱ができる病気です。

おしりや膝、肘にできることもあります。

以前にかかったことのある子でもまたうつることがあります。

時に高熱が出ることがあります。

口の中が痛くて食べられないこともあります。

【感染経路】・・唾液、糞便などから手指によっての経口感染

【治療】・・自然に治る場合がほとんどです

      熱や口の中の痛みがあるときは、対処療法を行います

〈家で気をつけること〉

・ 全身症状が軽ければ、入浴・シャワーは差し支えありません

・ 口の中が痛いときはしみない、のどごしがいいものを与えましょう

 (熱いもの、塩味、酸味の強いもの、かたいものは避ける)

〈登園・登校〉

 熱がなく元気があれば、行ってもかまいません

*口の中が痛くて水分がとれなかったり、

 高熱・嘔吐等が続き、ぐったりしているときは、

 もう一度受診してください。