病気メモ
 

ロタウィルス胃腸炎(乳幼児嘔吐下痢症)

2011年05月09日(月)

ロタウィルスは冬季における感染症胃腸炎の主な病原体です。

一度かかると免疫ができますが、完全ではありません。

〈症状〉

・ 嘔吐(1~3日で収まります)

・ 下痢(水様の白っぽい下痢が1~2週間くらい続きます)

・ 熱が出ることもあります。

〈感染経路〉

主に、下痢便中に出てきたウィルスが手を介して運ばれ、

口に入ることによります。

〈治療〉

特効薬はなく、対症療法になります。

脱水症状がひどい場合には、点滴や入院が必要になります。

〈予防・家庭での注意点〉

・ 石けんでよく手洗いすること

・ タオルの共用はさけること

・ 嘔吐物や便の処理をするときは、手袋をつける

・ 吐き気が強い時は何も飲ませないで、

 収まってきたら少しずつ水分を補給。

  その後徐々に消化のよい食べ物を与えましょう。